水商売から転職できた!職歴対策と昼職両立までの3ステップ

*

【水商売の転職心得】キャバ嬢の学歴コンプレックスを克服!

水商売の世界には、さまざまな理由から、多くの女性が仕事やお金を求めて働き始めます。そんなキャバクラで働くキャストさんの中には、自分の学歴や水商売という職業にコンプレックスを抱いている方も少なくないでしょう。

そしてさらに、自信のもてる学歴や資格がないことで、昼間の仕事に就くことができないのでは?と不安を抱いている方も少なくはないでしょう。

n_027

square青春を謳歌中の友だちをみて私がやったコンプレックス克服法

【水商売の転職心得】キャバ嬢の学歴コンプレックスを克服!

実は私自身も水商売で働いていたころ、周りの友達と比べて自分が劣っているように感じていた時期がありました。学生時代は平均的な高校の普通科を卒業。

しかし、家庭の事情から進学したいとは言えなかったので、地元の工場へ就職をしました。その後、20歳の誕生日に、親から借金があることを告げられ、収入を増やすために水商売の世界へと足を踏み入れました。もちろん、正社員で働いていた会社は辞め、水商売ひとつです。

その頃、周りの友だちは大学や短大、専門学校に在学中。当時の私からは青春を謳歌しているように見えました。彼女たちのことが心底羨ましかったことを覚えています。

それと同時に、周りの友だちと比べて学歴や資格がないことにも引け目というか、なにか見下されているような感じを受けていました。今となれば、この”引け目”は、きれいになくなりましたが、こう思えるようになったのも、水商売で働いた経験が、私の人生において貴重な財産となったからだと思います。

しかし実際問題、昼間の仕事へ就職を考えたときには、学歴や資格があったほうが有利なのは間違いありません。学歴や資格がないことを落ち込んでばかりもいられません。まず私がやったことは、自分に学歴がないこと、資格がないことを受け入れるようにしました。つまり、私がコンプレックスが克服できたのは、”他人と比較することをやめたから”だと思っています。

square昼間の仕事に就職するために私がやった5つの方法

【水商売の転職心得】キャバ嬢の学歴コンプレックスを克服!

そんな私のような悩みをお持ちのキャストさんへ、私の経験から”今からしておくべきこと”、”今から考えておくべきこと”をお伝えしていきます。これは資格や学歴がなくてもできることです。

自分が興味のある仕事や向いている仕事について考えてみる

まずやったことは、「私はいったい何がしたいんだろう?」と自分に問いかけることをしました。本当はこんな仕事がしたい、こういう分野に興味がある、などです。

また、自分の性格や能力から、「どういった仕事が合っているのか?」も考えてみると良いですね。自分の過去を振り返ることで見つかるモノや新しい気付きがあるものです。これは学歴や資格がなくてもできることですね。

もしも、「自分ではよく分からない!」という方は、周りの人に聞いてみるのもオススメです。とくに、お店のスタッフさんはいつもキャストたちのことを見ていますから、ひとりひとりの性格や特性も理解してくれています。

信頼できるスタッフさんに聞けば、きっと適格な意見を言ってくれるはずですし、そこから自分がまだ気が付いていない長所も見えてくるかも知れません。恥ずかしいかもしれませんが、仲の良いキャストさんに聞いてみるのもオススメです。

ビジネスマナーやパソコン操作を勉強しておく

昼間の職場で働くことを考えたとき、ビジネスマナーが全く備わっていないのは問題です。会社で働く上で必要なマナーなど、基本的なことは知っておくべきでしょう。

マナー本なども出ていますし、今はインターネットでも情報を見ることができますから、目を通しておくことをオススメします。また、パソコンの基本的な操作もできるようにしておくと良いでしょう。ワードやエクセルが使えると、事務系の仕事に活かすことができます。

link昼職の髪型自由ネイルOKにこだわるキャバ嬢はどうかしてる

金銭感覚を戻しておく

昼間の仕事に転職すると、そのお給料の安さに拍子抜けしてしまうことも多いです。キャバクラで手にしてきた金額とは雲泥の差とも言えます。ですが、それが一般的なお給料の額であり、キャバクラでのお給料は破格の金額なのです。

昼間の仕事で頂くお給料でやり繰りしていくことができなければ、水商売を辞めて生活していくことはできません。ふたたび夜の世界に戻ることの無いよう、金銭感覚を見直すことをしてみましょう。

link水商売で壊れた金銭感覚を直す3つの方法!直し方知ってます
link水商売で金銭感覚が狂うキャバ嬢75%!その後の末路を暴露

貯金をしておく

とは言え、キャバクラで染み付いてしまった金銭感覚は、そうそう簡単には変えることができません。初めのうちは、なかなかやり繰りできないこともあるでしょう。ですから、今のうちに少しでも多く貯金をしておくことをオススメします。

もちろん、いつまでもその貯金に頼っていては、いずれ生活が破綻してしまいます。ここで言う貯金とは、「万が一お金が足りなくなっても大丈夫」という安心感を得るための、いわば保険のようなものです。貯金ゼロのまま、キャバ嬢から昼間の仕事に転職するということは、リスクが高過ぎますのでオススメはしません。

夜型の生活から朝型の生活に移行していく

キャバ嬢をしていると、夜中までお店で飲んで、お店が閉店した後も飲みに行ったり、遊びに行ったり、そんなことも多いですよね。私も、お客様とのアフターに行ったり、キャスト同士で遊びにいったり、日が昇るまで飲むこともありました。

しかし、明け方になってから寝るような生活では、朝の早い時間に起きて会社に出勤する生活など到底できません。ですから、なるべく早く帰宅して就寝し、お昼前には起床するという日を作るようにしていきましょう。そうすれば、転職後の生活リズムにもすぐに慣れることができるでしょう。

link水商売の生活リズムを昼職向けに改善!朝型に切り替える方法

square今こそ真剣に考えるときです!

【水商売の転職心得】キャバ嬢の学歴コンプレックスを克服!

私は、あなたがこの記事を読まれているのは、偶然だとは思っていません。あなたは、キャバクラで真面目に勤務しているキャストさんだと感じています。ですので、昼間の仕事に就いても、きっと続けていくことができるでしょう。

「時給さえもらえれば、あとは適当に働いてれば良いや」といった考えで働いているキャストさんは、この記事をここまで読むことはないだろうし、他のどんな仕事に就いたとしても、長く勤めることは難しいと言えます。このタイミングだからこそ、今の状況について、そして今後の生き方について、真剣に考えるときだと感じています。

squareまとめ

【水商売の転職心得】キャバ嬢の学歴コンプレックスを克服!

キャバ嬢という職業は、“接客のプロ”とも言えます。仕事ができるキャスト、売れっ子になるキャストは、他の職種に移ったとしても、しっかりと成績を残すことができる人材です。

こういった人は、キャバクラでも真面目に仕事をしているキャストさんです。転職について悩みがあるということは、将来をちゃんと考えているということです。

今の私は、学歴や資格のコンプレックスはなくなりました。コンプレックスを感じなくなったのは、「自分に焦点があたっているのではなく、周りの人たちばかりを気にしている」ということなのだと考えるようになりました。周りの人とばかり比べてしまうと、必ずといって良いほど自分の劣っている箇所が発見できてしまいます。

ですので、周りの人ばかりを気にしないことが、コンプレックスを克服する一番の方法です。転職を有利にするのは、学歴や資格ではなく、実は考え方やメンタルの持ちようだったりします。

 - 水商売からの転職コラム