水商売から転職できた!職歴対策と昼職両立までの3ステップ

*

【水商売からの就職体験談】最低限おさえておきたい心がまえ

水商売を辞めて、昼間の仕事に就職したい!でも、一体どんな仕事が自分に向いているのか分からない・・・そんな悩みを持つキャストさんは多いのではないでしょうか?

w_035

かく言う私も、ある出来事が起こる前は具体的に将来どんな仕事に就職したいかなど、あまり深く考えてはいませんでした。今回は、私が水商売を辞めようと決意した出来事、昼間の仕事へ就職するキッカケ、その後に私がとった行動を体験談をまじえながらお伝えします。

square私が水商売から昼間の仕事へ就職を決意したキッカケ

【水商売からの就職体験談】最低限おさえておきたい心がまえ

キャバ嬢になってからの私は、「とにかく稼ぎたい!早く売れっ子になりたい!」と、毎日必死に働いていました。当時実家に借金があったので、私が何とか返済するしかありませんでした。これが私が水商売の世界に足を踏み入れた理由。

なので、何が何でも“稼げるキャスト”になるしかありませんでした。毎日毎日、一心不乱に働き、ついに私はお店のナンバーワンになりました。やがて、借金返済に終わりが見えてきたころ、ある出来事が起きます。

ちょうどそのころ、同年代の友だちは、みんな大学や短大を卒業して新社会人として就職していました。そんな光景を見て、私は急に自分が“負け組”に思えてきたのです。

水商売の世界で働いているときは、華やかに着飾ったナンバーワンの自分。そうでありながらも、本当の自分は何なんだろう?と考え込むようになりました。

夜の世界に飛び込んだ当時、目標にしていたナンバーワンにもなった。借金の返済もあと少しで終わる・・・キャバクラで働く理由や目標が無くなったとき、私はいったいどうなってしまうのだろう・・・借金の返済が終わっても、水商売を続けていても良いのだろうか・・・

何とも言えない不安感と心配事に襲われました。それまでは借金の返済にがむしゃらで、周りがみえなかったのでしょう。同年代の友だちキラキラした姿を目にしたこと、借金返済の終わりが見えてきたことで、水商売で働き続けることをじっくりと考えるようになりました。

この出来事があってから、”昼間の仕事に就職するためには何をすればよいのか?”、このようなことばかりを考えるようになります。昼職に就職することを決意した私は、夜の働き方が一変します。

今までは、営業メールにあてていた待機中の時間。それをすべて自分のためだけに使う始末。昼間の仕事には、どんな職種があるのか、私にできそうな仕事はなにか、そのために今できることはなにがあるだろうか、など、死にものぐるいで動きまわってました。

このころ、昼間の仕事に関することをやっていないと、不安がどんどん大きくなっていったのを覚えています。一方、夜の仕事の方は、このようなスタンスで働いていれば、うまくいくはずもありません。当然、ナンバーワンの座は退くことになり、その後は一度も返り咲くことはありませんでした。

square昼間の仕事には「どんな職種があるのか」を探す

【水商売からの就職体験談】最低限おさえておきたい心がまえ

では、昼間の仕事にはどういったものがあるのでしょうか?大まかに見ていきたいと思います。一般事務や営業、受付といった事務系の職種は非常に人気が高く、就職するならオフィス勤務が良い、と考えるキャストさんも多いようです。

事務系の仕事に就くためには、まずは、仕事に活かせる資格やパソコンのスキルを身につけておく必要があります。ワードやエクセルなどの基本的なものは使えるようにしておかないと、就職はスムーズにはいかないでしょう。

アパレルなどでの販売、エステサロンやネイルサロンといった美容関係の職種も、キャバ嬢には人気があります。今この記事を読んでいる方の中にも、興味を持っているキャストさんは多いのではないでしょうか。ファッション・アパレル業界に特化した人材派遣会社もあります。

アパレル派遣なび

他にも、自分でお店を出す、もしくは経営者になる、といった強者も少なくありません。この場合は、経営についてのイロハを学んでおく必要がありますし、資金も必要になってきます。まとまった資金を貯蓄をしたり、金融機関から融資してもらうことも視野に入れておきましょう。

私の考えでは、人を相手にする営業職や接客業は、キャバクラ勤務で培った接客能力を存分に活かすことができる分野だと思っています。自然な笑顔が相手に好印象を与えますし、聞き上手で話し上手のキャストさんにはピッタリの職種だと思います。

どうせなら、有名な大企業で働きたい!という方もいらっしゃるかも知れません。しかし、大手企業への就職は、学歴やそれなりの職歴が無いと難しいものになります。水商売以外で働いたことが無い場合は、正攻法で面接を受けても採用されることは難しいでしょう。

link水商売の職歴対策大公開!私はこの書き方で就職ができました

square昼間の仕事での「働き方」を考える

【水商売からの就職体験談】最低限おさえておきたい心がまえ

どんな仕事を選ぶのかも大事ですが、どんな働き方をするか、ということも考えなければなりません。ここで言う「働き方」とは雇用形態のことです。

一言で“働く”と言っても、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パートなど、雇用形態はさまざまです。勤務時間や収入などを考慮し、自分に合った働き方を選ぶ必要があります。

フルタイムでの勤務なら、社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)にきちんと加入している企業を選ぶことをオススメします。社会保険に入っておけば、

  • 失業してしまったときに受けることができる「失業給付」
  • 将来、受け取ることができる「厚生年金」
  • 病気やケガで働くことができないときに受けられる「傷病手当金」
  •  
    といった給付を受けることができます。また、

  • 出産育児一時金
  • 出産手当金
  •  
    もあります。これらは働く女性にとって大変心強い制度ですね。キャバ嬢は個人事業主扱いのため、こういった各種保険には加入できません。ですから、社会保険に大きな魅力を感じる人は多いのではないでしょうか。

    最後に、就職は就職でも永久就職、つまり、結婚を機に水商売を卒業していくキャストさんもいますね。中には、玉の輿に乗って悠々自適な生活を送る人もいます。これは運とタイミングもありますから、期待はしないほうがよいでしょう。

    squareまとめ

    【水商売からの就職体験談】最低限おさえておきたい心がまえ

    水商売から昼間の仕事に就職することを考えたとき、どんな職種が良いのか分からないという方も多いでしょう。そんなあなたは、まずはここで紹介した「どんな職種が世の中にあるのか」を知ることです。

    その中で自分が好きなこと、自分の興味があることを探してみましょう。「今何をやればいいのか」がだんだんと分かってきます。少しずつでも勉強をしたり情報を集めたりしていきましょう。そうすれば、自然な流れで“今とは違う未来の自分”が見えてくるでしょう。

    自分が「今何をやればいいのか」が分からなければ、実際に試してみるのが一番です。今は、ネットでいろいろな情報を収集できて、自分が体験しなくてもその物事を知ることができます。ネットを活用するのは手軽ではありますが、ネットだけに頼っていては答えは見つかりにくいものです。

    ですので、実際に自分自身で試したほうが、その物事の本質や自分との相性を確認できます。一見遠回りに思えるかもしれません。”リアルに試す”といった方法を取り入れると、答えがすぐに見つかります。

    ちなみに私は、水商売を上がって昼間の仕事に就こうと決意したあと、キャバ嬢を続けながら医療事務の資格を取りました。私も最初から医療事務の資格を取ろうと思ったわけではありません。

    やりたいことが見つかるまで、本やネットで調べたり、他の資格の教材も実際に購入しました。中にはムダになってしまった教材もありますが、自分に合った資格を見つけるための”足あと”みたいなものです。

    その後はまだ借金を返さなければいけなかったので、しばらく昼と夜を掛け持ちし、やがて医療事務の仕事に就職することができました。

     - 水商売からの転職コラム