水商売から転職できた!職歴対策と昼職両立までの3ステップ

*

【昼職転職体験談】水商売から昼職に転職しようと思ったきっかけとその結果

“N.Kさん”
私の水商売からの転職先は、接客業(アパレル)の昼職です

私がまず水商売から昼職に転職しようと思ったきっかけは、もう私も20代後半になりそろそろきちんとした職にしたいなと思ったのが1番です。

w_136

またその当時付き合っていた彼がいたのですが、その彼とも結婚を考えていました。

私もちゃんとした職につき、彼の両親に堂々と紹介してもらいたいというのもあり、昼職に転職しようとも思いました。

そして転職先を考えていたところ、友人が今働いているお店が人が足りていないということだったので、友人に紹介をして貰い早速面接に行ってみることにしました。

私は面接自体が初めてだったので、とても緊張しましたし、履歴書にどのように書いたら良いのか分からず、何枚も何枚も書き直して完成させました。

そして、その転職先なのですがアパレルショップだったので、とてもおしゃれにして面接に向かいました。

そして面接では今まで接客業だったので、お客さまの接客応対にはとても自身がありことをすごくアピールすることにしました。

水商売もちゃんとしたサービス業です。

お客さま相手には誰にも負けないのと、常に笑顔で対応できることも面接でアピールすることができました。

そして無事に面接は合格することが出来ました。

そのとき私は20代後半でした。

早速仕事をすることになりましたが、こんなに仕事が楽しいのだと始めて実感する事が出来ました。

今までの経験は全くムダではなかったですしお客さま対応や仕事内容もとても面白くて、早く転職をすればよかったなとも思ったくらいでした。

そして昼職になったので、生活のリズムが全く逆転しましたが、朝早く起きて夜に寝るという生活がとても快適ですし体の調子がとても良くなりました。

お肌の調子などもよくなり、それまで吹き出物がたくさん出来ていたのですが、それもなくなりすごく化粧のりも良くなりました。

まさに良いことづくしになりました。

そして無事に彼の両親にもあいさつにいくことができ、結婚の話もきちんとすることができましたので、私自身もホッとしましたし私の親にも安心させることが出来ました。

それが1番の親孝行にもなったのかなと思いました。

今水商売で働いている人もたくさんいると思いますし、それが決して無駄なことではありませんし、立派な職業だとも思います。

ですが、転職を考えているのでしたら、自分の本当にやりたいことを見つけ、今までの経験を生かし頑張って働いていってほしいなと思います。

誰しも可能性は無限大にありますので、とにかく後悔しないように生きていってほしいです。

 - 昼職転職体験談