水商売から転職できた!職歴対策と昼職両立までの3ステップ

*

【昼職転職体験談】キャバクラで麻痺した感覚を治すには昼職に就くのが一番

no name
私の水商売からの転職先は、接客業(飲食)の昼職です

キャバクラを始めたのは大学2年生の時でした。

N_0582

最初は塾の講師のアルバイトをしていてやりがいはあったけれどなかなかお金がたまらず他のアルバイトを探していました。

そこで友達とノリで時給の良いキャバクラに応募をしてみました。

私が勤めていたところは時給が2500円ほど、大学生だけで制服のあるところだったので親バレもせず気軽に出来ると思って軽い気持ちで始めました。

露出の多いドレスで髪を盛って、いかにもキャバ嬢、というのが苦手だったので水商売をしてるという自覚がなくその時彼氏もいましたが、ずっと内緒で働けることが出来ました。

お金を貯める目的は特になく、旅行や遊びに使えたらくらいに思っていました。

時給はそこそこだったので、最初は別に指名がなくてもとりあえず働いていれば良いだろうくらいに思っていましたが、慣れるうちに場内指名、同伴、ドリンクバックなどプラスアルファーでもらえるお金がどんどん増え自分から営業したりのめり込んで行きました。

気づくとNo.1キャストになっていて時給が倍の5千円、1日(5時間ほど)で多い日は指名料など含めると4.5万稼げるほどになりました。

お酒もどんどん強くなり、営業も同伴だけではなくアフターでオールしたりすることも多くなりそれが楽しくなっていました。

お金の感覚も完全に麻痺していて、洋服などは値段を見ずバンバン可愛いものを買っていました。後輩に奢るのも当然でした。

しかし、調子づいていた私に罰がくだりました。

ホストにハマってしまったのです、1日10万使うのは当然、半年ほどで200万使いました。

せっかく貯めたお金がなくなり、我に返りこのままじゃダメだと思い昼職に転職をすることを決めました。

キャバで人と話すのは得意だったので、面接は余裕でクリアでした。

anで探した職は接客業(飲食系)、20代前半だったのでまだまだ再スタート出来るんだなと思いました。

キャバで学んだ、空気を読むこと、人の気持ちを考えること、何をしたら喜ぶか、常に笑顔でいること、全てが役に立っています。

お金の大切さをしっかり理解することが出来ました。

そのおかけで今は無駄遣いせず倹約家になりました。

キャバのおかけで今の自分がいると思います。

プラスになることがたくさんありました。

転職には有利なキャバ嬢!

自分に自信をつけてくれました。

後悔はありません。

 - 昼職転職体験談