水商売から転職できた!職歴対策と昼職両立までの3ステップ

*

【昼職転職体験談】4年間働いたスナックを辞めて、転職して良かった!

no name
私の水商売からの転職先は、事務の昼職です

私は20歳の頃から、スナックで働き始めました。

N_0623

当日はヘアメイクの仕事をしていて、給与が少なかった為、少しでも足しになればいいなとアルバイト感覚で入りました。

働き始めたスナックでは、同世代の子が多く最初は友達も出来て、大好きなお酒も飲めて

喋っているだけで高時給が手に入る、最高の職場だと思っていました。

ただ、同世代の子達は就職や結婚などで

次々と辞めて行き、とうとう一番長く働いてるスタッフになりました。

元々大好きだったヘアメイクの仕事も

毎晩の深酒で両立が難しくなり辞めることになりました。

4年働いたスナックのママは普段はいい方ですが、お酒が入ると酒癖が悪く働いてる女の子達に暴言をはいたり、お客様を叩いたりと急変してしまい、それが凄いストレスでした。

ヘアメイクの仕事を辞めた後も、wワークでお昼の仕事をしていましたが、夜の仕事を優先してしまい、どれも長続きしませんでした。

年齢的にも、このままではいけないと思い

転職を決意しました。

まず、ネットのバイトルでお昼の事務のお仕事を何件か探し面接を受けに行きました。

面接時は、今までお昼の仕事で事務経験があったので事務経験やパソコンスキル、などをアピールしました。

会社の事を調べてから行っていたので、会社の何処に惹かれたと聞かれた際もスムーズに答えることが出来ました。

面接は無事に合格し、派遣会社の事務員になることが出来ました。

24歳の時ですので、お昼の仕事一本にしてから丸1年が経とうとしています。

転職をし、全てが変わりました。

まず、1番に体調が凄く良くなり、お酒の飲み過ぎでの浮腫みもなくなり自然と痩せていきました。

朝の目覚めも今までwワークしていた時とは違い、すんなり起きれて不眠症も改善されました。

金銭感覚も水商売始める前に戻り

無駄遣いなどは一切しなくなりました。

前までは、少し疲れただけですぐにタクシーに乗っていたりコンビニなどにいけば、いらない物でも無駄に買っていたりしていました。

今は、毎朝お弁当をもって行くなどし節約し、貯金が出来るようになりました。

水商売していた友人達も一斉に、お昼の仕事を始め水商売を辞めたので、友人との時間も合うようになり、以前よりもみんなで集まれる回数が増えました。

今、水商売で働いてる方に伝えたいことは

水商売を辞めて生活が一変し、メリットばかりなので是非お勧めしたいと思います。

最初はwワークなどで、慣れたら夜のお仕事を辞めてもいいと思います。

 - 昼職転職体験談