水商売から転職できた!職歴対策と昼職両立までの3ステップ

*

【昼職転職体験談】キャバクラ嬢から、ウェディングプランナーに転職した話

no name
私の水商売からの転職先は、接客業(ウエディングプランナー)の昼職です

おしゃべりが大好きだった私は友達の紹介により、キャバクラの1日体験に行く事にしました。

N_0617

男性とお話しする事も抵抗は感じない性格でした。

1日体験はとても楽しみ〜!と、気持ち的には仕事というより遊びに行くような感覚で行きました。

キレイなラインのロングドレスを借りて初めて着るドレスにとてもテンションが上がりました。

お店が始まる前に店長さんとお話しをして、源氏名を決めたり、お酒の作り方、ボーイさんの呼び方など一通り教えてもらいました。

その日の閉店後に私は入店する事に決めました。

決めた理由はまずは時給でした。

今までしていたバイトよりも比べ物にならないくらいの高額な時給でした。

こんなに簡単にお金が1日で稼げるの?!と思いました。

仕事内容もハッキリ言って楽です。

こんなに楽な仕事はない!

キャバクラ嬢を続ける事にしました。

20歳を過ぎ、約2年くらいお店を続けた頃でした。

お店やお客様にも大分慣れて指名をとったり。

常連客のお客様もいました。

同伴したり、ブランド物をもらったり、完全に夜の仕事に染まっていました。

お給料も毎月困らないくらいもらっており、金銭面では不便はありませんでした。

しかし、20歳という年齢。

大学生や専門学生の友達に会うと就活してるよ〜!

就職決まったよ!

資格取ったよ!

という話をよく聞いていました。

私はこの2年全く変わらずです。

資格なんてもっておらず、もちろん就職、転職なんて考えていませんでした。

心の中では、みんなすごいな。

ちゃんとしてるんだな。

っていつも思っていました。

こうゆう話になると必ずキャバクラどうなの?みたいな事を聞かれます。

○○(私の名前)はまだキャバクラやってるの〜?

その度に私このままでいいのかな?という気持ちが大きくなりました。

資格取ってみようかな…資格があればなんとかなるはず!

私は資格を取ることを決めました。

人を幸せにする仕事がしたい!

接客業が好きな私はウェディングプランナーの資格を取ることを決めました。

まずはテキストを購入し、空いている時間で必死に勉強をします。

しかし好きな事なので、勉強が全く嫌ではなかったです。

マーカーペンで大切なところに線を引く、新しいノートに復習をする。

約6カ月勉強をしました。

もちろんキャバクラを続けながら勉強をしました。

テストも満足な出来具合と終わった後はスッキリとしていました。

結果、90点以上の合格でした。

これで資格が取れた!!!とても嬉しい気持ちでした。

合格証も届き、ウェディングプランナーの事務所での就職が決まりました。

そして、この頃キャバクラをやめる事にしました。

昼一本になった私の生活はキャバクラ時代とは全く異なったものです。

お給料も、時間も、もちろん仕事内容も違います。

実践はテストとは違い、ハプニングなどありますがとてもやりがいのある仕事です。

たくさんの幸せも分けてもらいました。

それは自分のしたかった仕事だからこそだと思います。

転職をして本当に良かったと思います。

 - 昼職転職体験談