水商売から転職できた!職歴対策と昼職両立までの3ステップ

*

フリー客に指名客・・・、どんな会話をすればうまくいく?

キャバ嬢としてもっと指名が欲しい、お客様を増やしたい。そう感じているキャストさんは多いのではないでしょうか?

指名を増やして売れっ子になっていく為には、キャストとしての容姿だけではなく、お客様との会話をどれだけうまくこなせるかが大切になってきます。

しかし、緊張してお客様とうまく話せない、なかなか気に入ってもらえない、といった悩みは尽きませんね。今回は、お客様との会話を成功させるいくつかのコツを見ていきます。

squareフリーのお客様についた時

フリー客に指名客・・・、どんな会話をすればうまくいく?

まず、まだキャバ嬢の経験が長くない人は、「どんな事を話せばよいのかわからない・・・。」と感じる事も多いのではないでしょうか。

私も、入店してしばらくは、毎日そうでした。頭では、お客様を楽しませなければいけないと分かっていても、なかなかスムーズに言葉が出て来ませんよね。

そうすると、沈黙の時間ができてしまい、余計に慌ててしまい、うまく話せない事も。15分や20分というフリーの時間が、ものすごく長いものに感じるものです。

会話がはずめば、あっという間の時間のはずが、苦痛の時間になってしまいます。

しかし、それはお客様にとっても同じです。

ボーイさんが呼びに来た時に、お客様に「え、もう時間なの?」と思わせる事ができれば最高ですよね。

そして、会話が楽しい、よい子だなと思ってもらえれば、指名にもつながっていきます。

まずは、あまり気負わずに、自然に笑顔で話せるようにしましょう。

その為にも、自分の中で話題にできるものをいくつか考えておくと、席に着いた時に焦らずに済みます。

男性が好きなスポーツや趣味、時事ニュースなど、少し勉強しておくだけでも違いますよ。

そして、お客様のよい所を見つけ、褒めるようにしましょう。外見、持ち物、性格など、素敵だなと思った所や、ここはこだわっていそうだなという所を見つけ、褒めるのです。

人から褒められて嬉しくないという人はいませんからね。あからさますぎない程度に、うまく褒めるようにしましょう。

注意する点は、言葉遣いです。初対面のお客様などにタメ口は、絶対にいけません。お客様に「生意気だな。」、「頭が悪そう。」と思われてしまいます。

とは言え、丁寧に話そうとし過ぎて堅苦しくなってしまっても、お客様との間に距離ができてしまいますので、注意しましょう。

そして、「お客様がキャバクラに求めているもの」を見極める事も大切です。

女の子を口説きたい方、癒されたい方、ワイワイ飲んで盛り上がりたい方など、キャバクラに来る目的は、人それぞれです。

お客様がどんな風に飲みたいのか、お客様の様子や会話から探っていきましょう。

そして、もしもあなたに彼氏がいても、お店ではいないという設定にする事です。

女の子を口説こうとしているお客様に彼氏がいますと言えば、指名客になって下さる確率は、そこでほぼ無くなります。

また、お客様に質問をしてもあまり答えてくれない内容に関しては、それ以上深く聞いてはいけません。

話したくない事、話せない事もありますからね。そういう場合は、すぐに他の話題に変えましょう。
 
フリーのお客様についた時、大抵のキャストは「この店、初めてですか?」や「おいくつなんですか?」という質問をしますね。

無難な挨拶ですが、フリーのお客様にとっては、「また同じ質問か、面倒だな。」と感じてしまうものです。

席に着くキャストが皆同じ事を聞いてくるのですから、つまらないのです。

他のキャストと同じ会話をしていても、余程の美人さんやスタイルのよいキャスト、好みのタイプでない限り、お客様の印象には残りません。

ここで質問の仕方にひと工夫をすると、印象が変わってきます。

例として、以前に会った事があるように振る舞ってみたりするというものがあります。

他のキャストとは違った切り口で、お客様に自分の事を覚えてもらうのです。
 
会話を進める中で、お客様の方からどんどん話をして下さる場合は、笑顔で目を見て聞きます。

ところが、中にはキャバクラに来たのに全く話さない、という方もいますね。

こういった時は沈黙の時間が流れたりしますが、あまり気にしなくても大丈夫です。

他のキャストがついても、同じような空気になっている場合が多いですから。

困った時は、「○○さんって、クールな方なんですね。」と笑顔で言えば、お客様も嫌な気はしないでしょう。
 
フリーの時間が終わり、ボーイさんが呼びに来たら、「もう呼ばれちゃった・・・。

行きたくないなぁ。」と、お客様の目を見て言ってみます。

お客様が場内指名をしてくれれば大成功ですが、うまくいかなかった時、そこでごねてはいけません。

そこでしつこくしても、お客様の中であなたに対する印象が悪くなるだけです。

断られた時は、残念そうにしゅんとして見せ、その後は笑顔で「今日はありがとうございました。」と、お礼を言って退席しましょう。

square指名のお客様についた場合

フリー客に指名客・・・、どんな会話をすればうまくいく?

自分の事を気に入って下さっているお客様なので、少し話しやすいですね。

とは言え、指名して下さる長い時間、何を話せばよいのか、という問題が出てきます。

その為に、常に話題を何パターンも用意しておきましょう。

自分の事や面白かった事、ハプニング話、お客様の趣味の話、ニュースの話など、様々な話題があると言いですね。

また、そのお客様からの指名が初めての時、お客様の名前を聞いたらすぐに、お顔と以前にお話した会話の内容を思い出さなければいけません。

指名したキャストが自分の事を覚えていないとなれば、お客様は悲しいですし、人によっては怒ってしまいます。

それでも、もしも前回の来店からだいぶ経過しての来店などで、思い出そうとしてもどうしても思い出せない場合もあると思います。

そういう時は、言い訳をせず、素直に謝りましょう。真剣に、何度も謝る、これに尽きます。

そして、指名をして下さるお客様の中には、口説き目的、体目的の方もいますよね。

これをうまくかわしながら、他に行かないようにするのは、なかなか難しい事です。

そういったお客様には、自分のファンになってもらうような会話をしていく必要があります。

「この世界で真剣に頑張っている。」という事がきちんと伝われば、応援してくれるお客様もいます。

お客様との会話が苦手、というキャストさんも少なくないと思います。

まずは、今回紹介したコツをつかみ、緊張せず笑顔で話せるようになれたらと思います。

 - 現役キャバ嬢向け