水商売から転職できた!職歴対策と昼職両立までの3ステップ

*

気を抜かないで!お客様を掴むキャストのしぐさとは?

キャストのしぐさ一つで、お客様の心を掴むか、それとも幻滅させてしまうか、大きく変わってきます。売れっ子のキャストになる為には、容姿や接客時の会話の楽しさ、上手さが重要です。さらに、しぐさも大切なポイントなのです。

お客様はキャストがどんな子かを知りたいので、キャストの何気無いしぐさもしっかりチェックしています。可愛いしぐさ、女性らしいしぐさなど、魅力的に見えるしぐさは、やはりポイントが高いのです。

ここでは、どういったしぐさをしていけば良いのか、具体的に見ていきたいと思います。

squareフリーのお客様の場合

気を抜かないで!お客様を掴むキャストのしぐさとは?

フリーのお客様の席に着く時は、第一印象が大切です。人が初めて会った時に相手に抱くイメージというものは、後々まで大きく影響しますよね。つまり、ここで印象が悪くなってしまうと、自分のお客様にする事が難しくなってしまいます。まずは、席に着いたら自然な笑顔であいさつをし、上品に座りましょう。

また、まだ指名するキャストがいないフリーのお客様は、入店した時から「どんな子がいるんだろう、タイプの子はいるかな。」と、店内のキャストの様子を見ているものです。接客中の様子はもちろん、姿勢や歩き方など、接客していない時の姿も見られている事を覚えておいて下さい。他のキャストとおしゃべりしたり、だらけたりしないよう、常に意識しておきましょう。

そして、会話を進め、時間が来てお客様の席を退席する時がやって来ます。つまり、場内指名が無く他のキャストと交代する、もしくはお客様が帰られる時です。

まずこの時、指名がもらえなかったからと言って、落ち込んだり不機嫌になったりしないようにしましょう。お客様の中には、気に入った子がいればその場ですぐに指名する人もいますが、そうでない人も多いものです。

まずは一通りキャストと話してみたい、後からどの子にするかゆっくり決めたい、という方も多いのですね。ですから、勝負はそこではまだ決まっていません。最後まで気を抜かず、退席する時も良い印象を残すように意識します。

私も、退席する時は必ず笑顔でお礼を言うようにしていました。また、自分の事を気に入ってくれているだろうと思えるお客様には、退席間際の軽いスキンシップも効果的です。

square指名のお客様の場合

気を抜かないで!お客様を掴むキャストのしぐさとは?

自分を指名して下さっているお客様の席に着く時は、まず初めに、嬉しそうにする事でお客様に喜んで頂く事ができます。大好きな彼氏とのデートで嬉しくて駆け寄る、それくらいのイメージで満面の笑顔を作ります。「来てくれて嬉しい、会いたかった!」という風に装う事で、お客様は嬉しくなるのです。

また、席に着く前にお客様の来店に気が付いた時は、少し一工夫してみましょう。そっと目配せをしたり、にこっと笑ったり、二人だけの秘密の時間を演出します。この事で、お客様は「自分は他の客とは違う。」という優越感に浸る事ができるのです。

ただ、この時に注意しておきたいのが、他のお客様には見られないようにする事です。自分のお気に入りのキャストが他のお客様と仲良くしている様子は、誰だって見たくないですからね。

そして、売れっ子のキャストさんになると、指名のお客様が何組も重なる事が増えてきます。これはキャストにとっては嬉しい事ですが、お客様からしてみれば、せっかく指名しているのに一緒にいられなくなる為、良い気持ちはしないものです。こんな時にこそ、可愛いしぐさを使いましょう。

ボーイさんに呼ばれた時にそのままさっさと席を立つのではなく、「本当はこの席にずっといたいのに。行きたくない。」とアピールします。それから、寂しそうな素振りで「ごめんなさい、少し行ってきます。」と席を立つようにしてみましょう。

さらに、席に戻った時には「やっと戻って来られた~。」という表情をしましょう。この席は居心地が良い、他の席とは違う、と思っているように装うのです。これだけでも、お客様に特別感を持ってもらう事ができるのです。

square接客中に使えるしぐさ

気を抜かないで!お客様を掴むキャストのしぐさとは?

お客様の席に着いている時は、さり気ないスキンシップが効果的な場合があります。

よくあるものでは、お客様の膝の上に自分の手を置いたり、お客様の手を自分の膝の上かお客様の膝の上に置いたり、といったものがあります。これらのしぐさは、スキンシップでありながら、お客様の手を動かせないようにする事でお触りを防ぐ効果もあるので、おすすめです。

また、自分の脚をそっとお客様の脚に触れさせるといったものもあります。少し触れるだけでも、露骨に嫌らしくなる事なくお客様にドキッとしてもらう事ができます。また、お付き合いが長くなってきたお客様には、腕を絡ませたり、お客様の肩に頭を乗せたりといったものも効果的です。

他にも、「今日は何だかいつもと違うな。」と感じてもらうようなギャップも、指名のお客様には効果的です。例えば、いつもはしっかりキビキビしているのに今日はぼーっとしている、いつもは可愛い雰囲気なのに今日は色っぽい、といったものです。

また、お客様が帰られる時のお見送りでも、しぐさを意識してみましょう。お店の出入り口やビルのエレベーターまでお見送りする時に、そっと腕を組んだり、お客様の洋服の裾をつまんだりしてみます。そして、来てくれた事へのお礼を伝え、笑顔でお見送りするようにしましょう。

square注意したいしぐさ

気を抜かないで!お客様を掴むキャストのしぐさとは?

色々なしぐさがありますが、こんなしぐさは印象が良くない、注意したい、というものもあります。

まず、お客様へのスキンシップは注意が必要です。スキンシップは、ある程度は効果的なものですが、これは相手を選ばなければ危険なものでもあります。体目的や口説き目的のお客様には刺激を与えてしまう事になる為、やりすぎないよう注意しましょう。

また、接客中に時間を気にするのは印象が良くないです。何度も時計を確認している様子に気が付くと、お客様は嫌な気持ちになりますよね。自分との時間がつまらないのかな、と思ってしまうのです。時間を確認したい時は、さり気なく見るように気を付けましょう。

他にも、自分では気付かない癖などが無いか、お店のボーイさんやキャストさんに聞いてみると良いですよ。意外な癖やしぐさが見つかったりするので、おすすめです。

squareまとめ

気を抜かないで!お客様を掴むキャストのしぐさとは?

お客様は、キャストが思っている以上に細かいしぐさなどをよく見ていらっしゃいます。ですから、お店ではなるべく気を抜かないように意識すると良いですね。

常にキャストとしての自分を演じられるようになれば、売れっ子のキャストになれるでしょう。

自分のお店でのキャラクターを活かし、自分らしいしぐさを見つけてみて下さいね。

 - 現役キャバ嬢向け