水商売から転職できた!職歴対策と昼職両立までの3ステップ

*

水商売と昼職の両立!掛け持ちしながら転職できる求人サイトはココ

キャバクラなどの水商売で働くキャストさんの中には、昼間の仕事でも働いていたり、学校に通いながら両立している女性が少なくありません。

N_0464

将来の夢のためであったり、家族のためであったり、寝る間も惜しんで頑張っている理由は人それぞれです。そんな掛け持ちで働く女性達の実態をお伝えしたいと思います。

square昼職と水商売を両立するメリット&デメリット

水商売と昼職の両立!経験者が掛け持ちの実体験を語ります!

この昼職と夜の仕事の両立というのは、思っている以上にハードなことです。2つの仕事を両立させることでさえ難しいのに、夜の水商売で働きながら昼の仕事をするというのは、女性にとって大変過酷な生活です。よく言われる掛け持ちでのデメリットは以下となります。

昼職と水商売を両立するデメリット

  • 睡眠時間が削られ、体力的にしんどい
  • 心が休まる時間が少なく、精神的にも疲弊する
  • 身体が休まる時間もないため、健康を害するリスクが高い
  •  
    このようなことが問題になってきます。掛け持ちで働き詰めの過酷な生活は、身体への負担が大きいため、比較的パワーがある若いうちにしかできないと言えます。もちろん、年齢を重ねても二足のわらじで昼職と水商売での仕事がうまくできているキャストさんもいらっしゃいます。

    しかし、掛け持ちでうまくいく人は極少数でしょう。このような生活を長く続けることはとても難しく、現実的ではありません。ただしそうは言っても、掛け持ちで昼職をやればそれなりのメリットがあるのも事実です。

    昼職と水商売を両立するメリット

  • 昼の仕事と夜の仕事を掛け持ちで働くので、その分だけ収入が増える
  • 両方の仕事のスキルを上げることができる
  • 昼と夜の仕事で違った環境になるため、色々な人と出会え、人脈が広がる
  • square昼と夜の仕事を掛け持ちしてみて分かったこと【私の実体験】

    水商売と昼職の両立!経験者が掛け持ちの実体験を語ります!

    私も一時期、昼間は医療事務、夜はキャバクラ、というダブルワークの生活をしていました。昼職を始めたころは、「根性で何とかなる!」と考え頑張っていましたが、寝不足にはなるし、プライベートの時間は無くなるしで、心身共に疲れ切っていました。そんな疲弊しきった私に追い打ちをかけるように、ある日突然、顔と身体に赤い発疹が大量に出てしまいました。

    身体だけならまだしも、顔にまで発疹がでてしまい、メイクでも赤みは隠し切れません。慌てて皮膚科を受診しました。医師が下した診断は、ストレスから来る免疫力の低下が原因とのことでした。アルコールの摂取もストップがかかりました。

    私はもともと肌が強いタイプでしたが、それからは、疲れるとすぐに真っ赤な発疹が全身に出てしまう体質に変化してしまいました。真っ赤な発疹が出てしまうとメイクでも隠せませんし、アルコールが飲めないため指名のお客さまに気を使わせてしまうことも。

    その症状は、突然やってきます。「すみません、本日は休ませてください」と、急遽お店側に伝えることもあり、夜の仕事は休みがちになります。出勤予定日の当日に欠勤をすると、罰金が発生するのは夜の仕事の常識ですね。

    罰金は取られるし、体調が戻らず昼の仕事を休むこともありました。夜を上がるために掛け持ちで昼の仕事を始めたのに、一番大事な身体を崩してしまっては元も子もありません。ちなみに、この発疹が出てしまう体質は、その後キャバクラを引退後も治っていません。

    私が勤めていたお店のキャストさんでも、昼間との掛け持ちをしている人が何人もいました。昼の仕事で2つ掛け持ちをしているキャストさんもいました。しかし、なかには、うつ病を発症し、昼間の仕事もできなくなってしまったキャストさんもいました。

    ほとんど全員のキャストさんが、その生活を長くは続けられずに辞めていきました。もともと水商売で働いている人が昼の仕事を始めたとき、両立するのが難しくなると、まずは昼の仕事を辞め、最終的にはまた夜の仕事ひとつで働く傾向がありました。昼間の仕事がない日だけ、キャバクラで働くという形もありますが、そうすると丸一日休める日がほぼ無くなります。

    私のお店には、こういったキャストさんもいました。彼女は、昼間は保育士さんをしていて、土曜日の夜だけキャバクラで働いているキャストさんでした。彼女はとても頑張って両立していましたが、キャバクラには週1日しか出勤できないため、なかなかお客様を掴む時間が取れません。

    そもそも収入を上げるために入店した彼女。思ったほど稼ぐことはできず、結局お店からクビを切られてしまいました。夜を始めたキッカケが、”収入を増やすため”という目的でなければ、週1日だけ出勤する、という働き方もありでしょう。お店からは嫌がられるかもしれませんが。

    squareまとめ

    水商売と昼職の両立!経験者が掛け持ちの実体験を語ります!

    昼夜掛け持ちで働くということは、本当に体力に自信がある人でないと、身体を壊す可能性もあるため、あまりオススメはできません。20代の半ばを過ぎると、とくにそれは感じました。

    お金を稼ぐために頑張り過ぎて身体を壊してしまい、その後働くことが困難になってしまう・・・。そうなってしまっては収入が無くなってしまいますから、本末転倒です。

    どうしてもゆずれない理由から、掛け持ちで働く必要がある場合は、年齢が若くまだ体力的に無理ができる間に、短期間に集中して働くようにする。このような工夫をすべきでしょう。

    しかし、無理はしすぎないことです。自分の身体を大切にしてください。睡眠不足や過労は、女性の身体に大きなダメージを与えます。うつ病になったり、女性特有の病気にかかってしまったり、健康面へのリスクが急激に増えてしまいますから。

     - 水商売からの転職コラム