水商売から転職できた!職歴対策と昼職両立までの3ステップ

*

水商売で長く働くために心がけておきたい7つの身体ケア対策

キャバ嬢を何年も続けていると、どうしても肌が荒れてしまったり、体重が増えてしまったり、女性にとっては悩ましい変化が出てくることがあります。そして、体調の面でもさまざまな変化が起きてきます。職業柄、生活リズムが不規則になりますし、アルコールやタバコ、深夜の食事などで不摂生になりがちですから、仕方が無ことだとも言えます。

w_064

若いうちは多少の無理をしても平気だったりしますが、このような生活を年を重ねても続けていると、身体にガタが出てきます。さらに、キャバ嬢という仕事は、精神的にも負荷がかかる仕事です。ストレスなども影響して体調を崩してしまうこともあります。

square水商売で長く働くために心がけておきたい7つの身体ケア対策

水商売で長く働くために心がけておきたい7つの身体ケア対策

さまざまな変化に対処するために、どういったことを心掛けると良いのでしょうか。具体的な例を見ていきましょう。

アルコールやタバコを減らす

アルコールやタバコの量が多いと、高確率で身体を壊します。そして、お肌にも影響が出てきます。とくに喫煙するキャストさんは、しないキャストさんと比べても肌荒れが進行しがちです。

ジャンクフードや外食を減らし、和食を多く摂る

高カロリーな食事や添加物の多い食事ばかりだと、身体に負担が掛かります。太りやすくなりますし、栄養も偏ってしまいがちです。なるべく和食や野菜を意識して食べると良いでしょう。

自炊をする

自分で料理をして食べるということは、とても健康的なことです。身体の中から綺麗になるので、お肌も綺麗になり、太りにくくなります。そして、食費の節約にもなるので、身体にもお財布にも優しい方法と言えます。

スキンケアやエステに時間とお金を掛ける

年齢を重ねると、若い頃と同じスキンケアでは効果を感じづらくなってきます。自分に合ったスキンケア用品を選び、あまり安く済ませようと思わないことが大事になってきます。ときにはプロの手を借りて、自分ではできないようなケアをしてもらうのも良いでしょう。

整体やマッサージに行く

キャバ嬢という仕事をしていると、不摂生の影響もあり、疲れが溜まりやすいものです。放っておくと、だんだん体調が悪くなってくることもあります。ここも、プロの手ですっきりさせてもらうと良いでしょう。身体のメンテナンスにもなります。

適度な運動をして、汗をかく

あまり運動をしないと、身体の代謝が悪くなりますので、益々、健康面に悪影響を及ぼします。運動不足で血行が悪くなると、お肌もくすみがちになります。週に数回でも、ウォーキングをしたり、ジムに通ったり、運動をする習慣を持つと良いでしょう。ストレスの発散にもなり、一石二鳥です。

なるべく早寝早起きすることを意識する

お肌のターンオーバーは、夜寝ている間に行われます。とくに、夜の10時〜2時の間が、最もターンオーバーに大事なゴールデンタイムだと言われています。この時間帯に眠っていないと、お肌の再生が上手く行われないのです。

つまり、キャバ嬢をしている限り、肌が荒れやすい環境と言えるのです。ですから、10時は無理だとしても、なるべく早く寝て、少しでも夜の間に睡眠時間を確保できるようにしてみましょう。それだけでも、朝まで起きている生活と比べれば、確実にお肌にも身体にも優しいですよね。

squareとは言っても水商売を長く続けられる人は少ない

水商売で長く働くために心がけておきたい7つの身体ケア対策

キャバ嬢という仕事は夜間に働きます。当たり前ですが、本来、夜間の時間帯は人間にとって休息をする時間です。ですから、体力仕事と言っても過言ではありませんね。こういった理由もあり、水商売の仕事を長く続けられる女性は少ないのが現実です。

年齢を重ねても現役で頑張っていらっしゃる方もいますが、健康を犠牲にして働いているキャストさんも多いのです。キャバクラは、誰もがいつまでも長く働けられるお店ではありません。

squareまとめ

水商売で長く働くために心がけておきたい7つの身体ケア対策

25歳、30歳と年齢を重ねていくと、若い頃と同じ生活習慣のままでは危険です。気が付いたときには、お肌はボロボロ、体調も悪い、精神的にも不安定、ということにもなりかねません。肌年齢、身体年齢を若返らそうしたら、それだけお金も時間もかかってしまいます。

それだけ、水商売という仕事は、健康面や美容面でのリスクが大きいと言えます。内側からも外側からもきちんと手を掛けてあげないと、その美しさは維持できません。

私が勤務していたお店にも30代のキャストさんが数人いましたが、若々しく見えるキャストさんと、疲れきって見えるキャストさんがいました。若々しく見えるキャストさんはそれだけ自分の身体に気を使っていました。当然、お金もかけていました。一方、疲れきっている見えるキャストさんは、あまり自分の身体を大事にしていませんでした。もちろん、見た目が命の世界ですから、売り上げ的にも良くありません。

悲しいですが、キャバクラというお店は、キャストの美しさや見た目の若さが重要視される世界です。キャバクラで働く場合は、短期間に集中し、しっかり目標額を稼いで、早々に卒業するのが良い業種と言えます。

 - 水商売からの転職コラム