水商売から転職できた!職歴対策と昼職両立までの3ステップ

*

水商売から結婚?夜をまだ続ける?今どきのキャバ嬢事情

水商売を続けていく上で、色々な悩みが出てきますよね。結婚はできるのか、いずれは子供を持つのかどうか、どんどん老いていく親のこと、このままずっとひとりで生きていくのか、その先にいずれはやって来るであろう自分自身の老後のこと・・・。もしこの先の人生を一人で生きていくとしたら、こういった不安や心配事も、全て一人で抱えていかなくてはならないのです。

w_172

今回の記事では、恋愛や結婚において、水商売をしている女性が陥りやすい2つのパターンと、将来のために備えておくべきこと、それから最後にこのまま水商売を続けていくには何をすれば良いかをお伝えします。

square恋愛や結婚において水商売の女性が陥りやすい2つのパターン

水商売から結婚?夜をまだ続ける?今どきのキャバ嬢事情

まず、1つ目のパターンとして、お金持ちで紳士的なお客様との出会いが多いため、男性を見る目が肥えてしまい、恋愛や結婚になかなか発展しづらくなるパターンです。今の自分と同年代の一般的な男性を見ても、何か物足りなく、頼りなくも感じてしまうのですね。

しかし、素敵なお客様はたいていの方が年上で、既に家庭をお持ちの方が多いですよね。そのため、不倫の恋に走る女性や、恋愛がなかなかできない女性が夜の世界には多いのです。

2つ目のパターンとしては、尽くし過ぎて男性をダメ男にしてしまうパターンです。「この人には、私がいなきゃ!私がすべてをやってあげなきゃ!」という強いすぎる責任感をもった女性が陥りがちなパターンです。

しかし、あまりにも尽くし過ぎると、男性はどんどんダメ男になっていきます。働かなくなり、ヒモになっていきます。男性は、何でもしてくれる女性といると、相手をまるで母親のように感じてしまい、パートナーの女性として見ることをしなくなります。そして、その男性は他に刺激を求め、別の女を作ります。

水商売で働く女性には、この2つの恋愛パターンの方が非常に多いと言えます。そのため、なかなか結婚が遅くなったり、バツが付いてしまったりするのです。

square水商売で働いている今だからこそ将来のために備える

水商売から結婚?夜をまだ続ける?今どきのキャバ嬢事情

水商売の仕事は安定した職業とは言えませんし、万が一のときには何の保証もありません。病気や怪我で働けなくなったとき、企業に勤める会社員ならば手当が出ます。しかし、水商売で働く女性は個人事業主の扱いが一般的なので、そういった恩恵を受けることができません。

個人事業主とは、個人で何かしらの事業をするということです。個人商店などの自営業も個人事業主にあたります。さらに、そのキャストの売上が良くないと、お店からクビを宣告されるリスクもあります。そんなときでももちろん、退職金などはもらえません。そうなると収入が無くなり、あっと言う間に貧困生活、ということもあり得ます。

こういったリスクを最小限に抑えるためにも、しっかりと貯蓄をしておくこと、いつクビを切られても生活ができるように準備をしておくことが大切です。何かあってから慌てるよりも、まだ問題が起きてないときに準備をしておいたほうが、選択肢も多いので、自分にとっての利益も多く残ります。

squareこのままずっと水商売を続けるには

水商売から結婚?夜をまだ続ける?今どきのキャバ嬢事情

水商売で働きながら女性が一人で生きていくというのは、簡単なことではありません。生半可な考えでは難しい世界です。男性とも渡り合える程の体力と気力、そして女の武器が必要です。“女の武器”と言っても、体を使えという意味ではありません。美しい容姿、愛嬌、その場の空気を読む力、気遣いといった、女性ならではの武器です。

このような女性の武器が無ければ、男性を魅了することはできませんし、水商売の世界では生きてはいけません。さらに、売れっ子のキャストさんや高級クラブのママさんともなると、お客様を見て、すぐにその方の懐事情を読み取ります。

そうです、お金の匂いを嗅ぎ分けることも大切です。これは、儲け話を嗅ぎ分けるといった意味ではありません。お金を持ったお客様を瞬時に見分ける能力があれば、水商売の世界でも賢くたくましく生き抜いていけるでしょう。

今、世の中の景気は不安定です。景気が良いのか悪いのかよく分からない社会情勢です。水商売をすれば誰もが大金を稼げる、という時代はもう終わりました。そのうえ、自己投資のために大金が出ていきます。夜の蝶は、美しくあることが求められる職業です。

容姿を保つために、普通の女性よりも多くのお金を掛けなくてはなりません。銀座のホステスさんともなると、美容関係はもちろん、着物やドレス、お客様へのプレゼントなども全て自腹ですから、月に軽く数十万円はかかってしまいます。そうなると、手元に残るお金なんて、たかが知れていますよね。

squareまとめ

水商売から結婚?夜をまだ続ける?今どきのキャバ嬢事情

「私は水商売の世界で生きていく」という絶対的な覚悟が無ければ、水商売は長く続けるべき仕事ではありません。自分で期限を設け、早々に卒業するべきでしょう。この仕事が本当に好きな人や、いずれは自分のお店を持ちたいと言う目標がある人でなければ、簡単に続けられる仕事ではないということなのです。

 - 水商売からの転職コラム