水商売から転職できた!職歴対策と昼職両立までの3ステップ

*

【プロフィール】水商売から昼間の仕事へ就職した私の半生

はじめまして。遥香(はるか)と言います。

当サイトのイチオシ求人サイトは「アネジョブ」です。
「アネジョブ」は水商売で働く女性のための求人転職サイトなので、履歴書の職歴欄に何を書いたらいいの?といったことで悩む必要はありません。

さらに、「やりたい仕事が見つからない…」、「自分に合った仕事が分からない…」、「昼職に就きたいけど自信がない…」、そんな悩めるキャバ嬢からの評判もとても高いです。

linkどうしてアネジョブがいいの?〜履歴書の職歴欄の作成に、もう悩まなくていいんです!〜


遥香という名前は、私が当時キャバ嬢として働いていたときの源氏名です。

ここでは、水商売から昼間の仕事へ就職した私の半生をお伝えします。あなたが昼職へ就職すると決意したとき、私の経験したことが少しでも参考になればと思います。

ここで紹介する、私に起きた良い出来事は取り入れてもらい、悪い出来事は反面教師として取り入れてもらえたらと思います。私のような苦い経験はして欲しくありません。それでは、高校卒業後からの私の半生を紹介していきます。

高校卒業後、家の事情から進学は諦める。卒業後は、正社員として工場で約2年間勤務をする。

20歳の頃、親から借金があることを告げられる。もともと貧しい家庭だったのに、さらに追い打ちをかける。借金は総額2,180万。工場勤務の仕事では、返済がいつ終わるのか見通しが立たなかったので、水商売で働くことを決意する。

20歳で上京し、水商売の世界に飛び込む。ちょうどそのころ、同年代の友だちは青春時代を満喫中。自分との境遇を比べてしまい、敗北感やコンプレックスを感じてしまう。

しかし、「そうも言ってられない!借金を返さなければいけない!」都内某所のお店にて、無我夢中で働く。

やがてナンバーワンの座につく。このとき23歳。月の手取りは150万。ここまで約3年半の月日を費やす。水商売で死にものぐるいで勤め上げたこともあって、借金の返済にも終わりが見え始める。

この頃、同年代の友だちは新社会人。自分との境遇を比べてしまう。またしても悪いクセが出てしまう。周囲の友だちとのギャップに虚しさを感じ、自己嫌悪にはまり込む。

夜の仕事はというと、借金の終わりが見えてきたこともあって、燃え尽き症候群となってしまう。精神状態も体調もすぐれない。さらに、ナンバーワンのストレス、周りのキャストやスタッフからのプレッシャーも意識しすぎて、思うように売上が伸びない。

結局、夜はずっと続けることができないと判断し、夜を卒業し、昼間の仕事に就職することを決意する。

体調がすぐれない身体をだましだまし使いながらキャバクラで働き、ついに借金の返済が終わる。このとき24歳。実に丸5年(20歳から24歳の期間)かかる。

よし!これで夜を上がることができる!

しかし、そうはいかない。借金返済後まもなく、自身の金銭感覚が狂い出してしまう。長い間、張り詰めていた緊張の糸が、借金を完済したことによって切れてしまったのが原因。

あるいは、水商売で大金を稼いだこと、夜の仕事で付き合う関係者(キャストやお客様)のせいもあるかもしれない。完全にお金に対しての感覚が麻痺しているのを実感。

それでも、夜を長くは続けられないと自覚はあったため、昼間の仕事に就くための準備を進めていく。昼間の仕事に就くためには、まずは何をすれば良いのか?を整理していく。

お客様との同伴やアフターを断り続けながら、昼間の仕事に就くための準備を着々と進めていく。まもなくして医療事務の資格を取得するも、このような姿勢では夜の世界のナンバーワンは務まらない。当然のごとくナンバーワンの座は明け渡すことに。

夜のお店の働き方は、“ただいるだけのキャバ嬢”へと変わってしまう。いわゆる落ち目。お店のスタッフからのプレッシャーもさらに強くなる。いつクビを宣告されるか分からない状態。

夜の仕事を上がるタイミングは、浪費癖が直るまでの”つなぎ”でしかない、とこのとき決意する。クビを言い渡される前に、一刻も早く金銭感覚を直さなければいけない。

クビが先か、金銭感覚が直るのが先か・・・。明日すら分からない不安定な毎日が続く。

一方、昼間の仕事では複数の求人に応募し、面接もこなしていく。やがて、医療事務の仕事で採用される。念願の昼間の仕事への就職が決まる。同時に、昼と夜の掛け持ち生活がはじまる。

水商売で働く出勤日数はさらに減っていく。もはや、月150万を稼いでいたナンバーワンの面影はない。

金銭感覚を直そうと努力するが、いまだ変化は見られない。

早く夜を上がりたい!

しかし、医療事務の仕事だけでは生活ができないため、夜を上がれない状態が続く。

昼と夜の掛け持ち生活で、ついに体調を崩してしまう。ストレスとアルコールが原因であると医者から診断を受ける。無茶が裏目に出てしまう。

金銭感覚を戻すことはいったんあきらめ、まずは体調を回復させることに専念する。昼と夜のどちらを辞めるか?を考えたとき、昼を続け夜を辞めることを決意する。

5年後、10年後を考えると、やっぱり夜の仕事は長くできない。さらに、夜の仕事で稼いだ貯金もあったことが、この決断を後押しした。

水商売、ここで卒業。年齢は25のとき。

家賃20万のマンションから引っ越して、お金の管理を徹底的に見直す。一食あたりの食費は最低でも2000円。美容院とネイルサロンへ通うペースは週1回。高価な化粧品やブランド物、こういったことをすべて見直した。

体調は夜を上がったことで次第に回復していく。しかし、金銭感覚は壊れたまま。相変わらず、収入よりも支出が多い生活が続く。なかなかうまくいかない。

昼間の仕事からの給料は月15万。収入はあるが、金銭感覚が直らないままだと、いつか必ず貯金が底をついてしまう。貯金を切り崩しながらの生活から抜け出す手立てが見つからない。

幸いにもまだ借金をしていなかったのが、せめてもの救い。親と同じ過ちは繰り返したくないと思いつつも、不安と絶望を感じながら毎日を過ごす。

このままでは、親と同じ道をたどってしまうという焦りが出てくる。収入を上げるために、仕事を探すことにする。

水商売で身に付けたスキルを活かして、時間にも融通の利く仕事はないか、こういった条件でも仕事を探した。体調をふたたび壊すことを恐れ、もはや水商売で働く選択肢はない。

ぜいたくは言わない、月にあと5万でも収入が増えれば・・・と願いを込めるように仕事を探す。暇さえあればひたすら求人情報を収集する日々が続く。

そんな状況を見かねてか、まだ付き合いのあったキャバ嬢時代の友だちから、ライブチャットという仕事があることを教えてもらう。

ライブチャットの仕事は、キャバクラで言うところの”接客”をネット上で行う仕事。ネット上での”接客”だけなので、お客様との同伴やアフターをすることもない。もちろんお酒を飲むこともない。

しかも、自分の好きな時間に働くことができる。昼間の仕事をしている身からしたら、これ以上ない条件。まさに求めていた仕事。

気付いたら、ライブチャットの仕事を始めていた。

10万円以下になった貯金は、それ以上減らなくなった。

金銭感覚がようやく直ったのは、掛け持ち生活を続けて3年が過ぎたころ。

キャバ嬢の経験とライブチャットの仕事の相性は良い。

今では自分の通帳には、親から告げられた借金の額とほぼ同額の数字が並んでいる。

昼間の仕事と掛け持ちをしながら、しかも自分の空いた時間で働ける、それがライブチャットの魅力。水商売で壊れてしまった金銭感覚を元に戻すには、時間が必要だと身にしみて痛感した。

square夜を上がり昼間の仕事へ就職を考えているキャバ嬢へ

【プロフィール】水商売から昼間の仕事へ就職した私の半生

ここで紹介した私の半生から得たモノは当サイトの各ページで発信しています。とくに重要なモノは、3つのステップに分けて記事にしました。

ステップ1では「昼間の仕事へ就くために身に付けておきたいスキル」、ステップ2では「水商売を上がって初めて気付く金銭感覚の直し方」、ステップ3では「水商売から昼間の仕事へ就職するための履歴書の書き方」といった内容です。

どれかひとつでも参考になる部分があれば、これまでの私の苦労が報われます。今までの経験を伝えることで、誰かの苦しみが少しでも和らいだり、誰かの悩みが少しでも解消することが私の希望です。

link【ステップ1】苦手なパソコンを克服した方法!昼職への選択肢が広がります
link【ステップ2】昼職を掛け持ちしながらできる仕事!高時給で稼げる仕事紹介
link【ステップ3】水商売の職歴対策大公開!私はこの書き方で就職ができました

link水商売からの転職コラム一覧